○ お風呂の鏡 をシャリシャリ感がなくなるまで磨きます【汚れが手強い方向け】

こんにちは。

 

Kussieです。

 

お風呂の鏡、磨いていますか?

 

気を抜くと、すぐに

 

白い水垢が目立ちやすいお風呂の鏡。

 

一度、手強い汚れが付いてしまったときの

 

対処法について書きたいと思います。

 

  • 手強い汚れとの向き合い方
  • 外部委託しないで、やっつける方法

 

についての内容です。

 

手強い汚れは、【溶かして削る】でやっつけましょう!

液体洗剤を使って、地道に溶かします

お風呂の鏡に付着した水垢は

 

様々な汚れが幾層にも積み重なっています。

 

  • 水道水のミネラル
  • 石鹸
  • 皮脂

 

汚れにあわせて

 

酸性の洗剤か、アルカリ性の洗剤かを

 

選ぶのが良いのですが

 

幾層にも重なっている汚れに対しては

 

日によって

 

洗剤の液性を変えてみるのが

 

オススメです。

 

例えば、酸性で洗う日:アルカリ性で洗う日=2:1

これは、酸性洗剤だけで

 

鏡を磨いていると

 

なんだか薄い水垢が残ってしまうことが

 

あるためです。

 

酸性の洗剤で洗っても

 

汚れの状態に変化が見られなくなってきたら

 

洗剤をアルカリ性にかえる頃合いに

 

なっているのかもしれませんね。

お掃除道具に♪
ラベルにこだわる方へ


ラベルシール ステッカー>>

 

メラニンスポンジを使って、地道に削ります

液体洗剤で溶かしつつ、

 

メラニンスポンジで

 

シャリシャリ削っていきます。

 

汚れが付いていると

 

【シャリシャリ】とした感触が

 

手に伝わってきます。

 

そのため、

 

その【シャリシャリ】が残るうちは

 

無心でシャリシャリ削りましょう!

こちらもオススメ
お風呂のお掃除【日ごろのお手入れでカビ予防】

こちらよりご覧いただけます>>

手強い汚れと向き合うときは、変化を感じたら◎としましょう

手強い汚れを撃退するときに

 

一日でピカピカにしよう!と

 

気合いを入れるのは

 

ナンセンスです。

 

【一日で】を目指すと

 

強い強い洗剤を使うことになったり

 

堅い材質で傷をつけないように気をつけながら

 

汚れを溶かしつつ

 

強い力や鋭い力で削っていくことになります。

 

鏡や、鏡付近の材質を傷つけてしまったり

 

完璧に綺麗にならないから・・・と

 

挫折してしまったりと・・・

 

挫折や間違いのきっかけも増えてしまいます。

 

手強い汚れを撃退するには、【変化】を喜びましょう!

手強い汚れと向き合うとき

 

白い汚れの

 

白さが落ち着いてきたり、

 

シャリシャリ感が減ってきたり、

 

確実に【変化】を体感出来ると思います!

 

ですから、その変化を

 

楽しむ気持ちで

 

お掃除してみましょう!

 

小さな変化を続けることこそが

 

綺麗なお風呂場を維持し続けるための

 

秘訣です。